民俗・芸能文化 山梨県韮崎市
四ツ打

四ツ打は、江戸時代に信濃木曽川の支流、滑川沿いの吉野集落の草刈り唄をルーツとするとされます。甲斐には、諏訪の製糸工場に出稼ぎに行った女工さんたちが、持ち帰ったことがその始まりで、韮崎の藤井に定着し「四ツ打」となりました。現在は藤井町の方々によって保存伝承が行われています。