名産物 山梨県韮崎市
能穴焼

天正年間から日常雑器を焼いていたといわれる。初代・林茂松はロダンの孫弟子として、日展等で注目を浴び嘯月美術館に多数展示いる。現在では2代目 林茂松と子息、弘記氏が作陶を行っている。窯場が新府城の北にある物見の小城「能見城」の麓にあり、城を治めていた穴山梅雪にゆかりのある地名穴山町であることから「能穴焼」と命名された。